マンガ

マンガレビュー:2019年9月

更新日:

マンガソムリエのコーナー。

実はかなりの量のマンガを読みます。
IPものを担当することが多いので、実益もかねてですが。
この1か月くらい読んだマンガを備忘録もかねて紹介していきます。

できるだけ中身のことは書かないようにしますが、多少ネタバレもありですのでいやな方は回れ右でお願いします!

■ダンジョン飯 8巻 (ハルタコミックス)

相変わらず面白いですね。

5,6巻くらいで話が壮大になってしまい、本来の面白さが減ってしまったのですがまた戻ってきた感じです。
このダンジョンの設定はもともと作者さんは考えてたんですかね?
縦軸のないギャグマンガは行き詰ってしまうことが多いので、個人的には今の展開は賛成です。
※縦軸に関しては下のほうで説明しています。

■ギャルと恐竜(2) (ヤンマガKCスペシャル)

これは本当に大好き。基本的にヤングマガジンの連載で追っているのですが毎週楽しみです。
日常系というか、恐竜がいるのに日常もくそもないというか。
短いページ数で毎回きれいにまとめているのと、恐竜のキャラクターが素晴らしいですね。
「よつばと!」とか「あずまんが大王」とか好きだった人は是非一読を。

■異世界居酒屋「のぶ」 (9) (角川コミックス・エース)

こちらもずっとマンガで読んでいます。
面白いのですが、明確な縦軸がないので少し飽きてきましたね。

ダンジョン飯のところでも言いましたが、通常の話であっても縦軸はあったほうがいいと思うのですよ。

縦軸とはいわゆるメインストーリーですね。
「ワンピースをみつけるぞ!」みたいな最終目的のことです。

美味しんぼでも「究極の料理を作る!」っていうのがあったじゃないですか。
最終的な目的がないと、巻数とか飛ばしちゃってもよくなっちゃうんですよね。

縦軸があると話が分かりやすくなるんですが、その目的が達成されると連載が終わっちゃうのですよね。
変に引き延ばすのが嫌だとか、その過程で主人公がピンチに陥るのとかが嫌だ、とかいう人たちに受けたのがいわゆる日常系と呼ばれるものだと思うんですよ。

でもそれもこれだけ数が増えてしまうと共倒れな感じがするんです。
なので「ダンジョン飯」とか「トニカクカワイイ」みたいに、なんか縦軸があるんだけど普段はギャグ回をやって縦軸はそれとなくにおわせる、みたいなのがいいのでは、と思うわけですが。

■たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語 (4) (ガンガンコミックスONLINE)

転生ものとか、最初から強いキャラクターのマンガが増えてきましたよね。
最近よく読むようになりました。
嫌いな人も多いのかもしれませんが、展開が早くて気分転換に読むのには丁度いいんですよね。
小説版でヒットしたもののコミカライズが主なので、あんまりはずれがないのもいいところ。

最初に読み始めたのはこの作品でしたかね。
ちょっとこの4巻は消化不良。もう少し主人公が活躍してくれないと、この話は面白くないかと。

キャラクターが増えてくるとよい側面もあるのですが、どうしても展開が遅くなりますね。
小説なんかだと1巻の中にそういった要素を複数入れても読めるのですが、コミカライズの際にそれをまともに追っていくと少したるい感じがしますね。

こちらも明確な縦軸がまだないです。小説案を読んでないのでそういった要素が出てくるかが不明ですが、魅力のある主人公なので今後も読んでいきたいと思っています。

黒の召喚士 4 (ガルドコミックス)

こちらも一応転生ものですね。
ちょっと変わったところでいうと、前世の情報が出てきていないところですね。前世の特技を生かして、みたいな話が多い中少し特異です。

話は展開が早くてバトル要素が気持ちよく入ってくるのでお勧めです。4巻まで一気に読んでしまいました。
惜しむらくはもう少し召喚士の要素を増やしてほしいところですかね。
この話だったら転生ものでなくても、召喚士物でなくてもよかったかも、と思います。
まあ、そういった要素なしで面白いなら、それはそれでいいのかもしれませんが。

■宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する

こちらは最近コミックが出たわけではないのですが、転生ものっぽいジャンルで一番のお気に入りなので紹介します。

こちらの作品の良いところは、現代と行き来するのであんまりご都合主義なところがないところですね。
そういった部分が大きいとどうしても冷めてしまうところがあるので…。
主人公が強すぎないし、ヒロインが努力系なのもいいかと。
現代がわかっている主人公がファンタジー世界に行ったら、という話であればこの作品くらいちゃんとその二つを関連付けてくれると読む意義があるなあと思います。
少し展開が地味なところがあるので続くか心配だったりもするのですが、ぜひ売れてほしいです!

■無料のマンガに関して

kindleは無料で読めるマンガが結構な量あります。
unlimitedに入らなくても、キャンペーンなどをまめにチェックするといろいろ読めたりしますよ。

下記2019年9月23日現在無料のコミックを紹介します。
※こちら無料の期限が切れていることもありますので、注意してくださいね!

■七つ屋志のぶの宝石匣

9/13に9巻が出た「七つ屋志のぶの宝石匣」の1、2巻が現在無料で見ることができますね。

9巻がかなり面白かったです。
「のだめカンタビーレ」でゆうめいな二ノ宮先生、マンガはほとんど読んでいますが、やっぱり女性が男性を好きになる展開のほうがおもしろいですね。
「87CLOCKERS」はいまいち好きになれなかったのですが、そのあたりが原因なきがします。
最初はそのあたりが抑え気味だったのですが、9巻くらいから志のぶが顕定に惹かれていく描写が増え、単純な謎を追うような話からラブコメ要素も増えてきました。
この機会にまとめて読んでみたらいかがでしょうか?

といろいろと紹介してきましたがいかがでしょうか?
漫画に関してはtwitterで予告している「チェイサーゲーム」のレポートや、読み放題サービス、ゲーム関連のマンガのレポートなどもう少し書きたいことがあります!

あんまりブログの趣旨に外れない程度に、これからも書いていきたいと思いますー。

-マンガ
-, , , , ,

Copyright© ゲームプロマネのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.