制作

それでも正しいことをしよう

投稿日:

ゲーム開発において正しいことをしても評価されるかどうかはわかりません。

たとえば適切な見積もりで適切な期間で開発を終えたとします。

おそらくそれよりも短い期間の見積もりで、若干炎上気味に開発を終わらせた人のほうが高い評価を得るでしょう。
※その後そのチームで退職者があなたのチームより多く出てもです。

いろいろな信念をもって作業をしたとしても結果が出るのはかなり後です。

それでも本当の意味で、あなたのやりたいことを成し遂げたいのであればやり続けるしかありません。

それが苦痛に思うのであれば、あなたは本当の意味での成功を成し遂げることが難しいかもしれません。

私が知っている成功者は、評価されるされないではなく、正しいことをするということにちゃんとモチベーションを持てている人たちでした。

そういう人にモチベーションが持てない人が勝つのは非常に難しい。

それでも正しいことをやり続けるしかないのです。

私は10年前に人狼が遊べる2Dアバターのチャットのサービスを作っていました。

対戦ゲームを遊んで、それが動画にできて、アップできるFree to Playのサイトを含めて作っていました。

今でも時代を読んでいたと思います。

でもリリース前に前例がないから売り上げ資産が出来ない、というマーケの意見でプロジェクトはつぶれました。

その後、私に対してあの時あなたは正しかった、と言ってくれる人は現れません。

あれほどFree to Playを作るのが嫌だと言っていたメンバーは、しばらくのちソーシャルゲームで成功をおさめいろんなインタビューでFree to Playのすばらしさを語っていました。

それでも自分が間違っていたといってきた人はいません。

先進的であるということはそういうことなんです。

それでも正しいことをやり続けるしかないのです。

正しいことをしましょう。

-制作

Copyright© ゲームプロマネのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.