生活

一流企業は給料が高くないという話

投稿日:

一部上場の有名会社の重役職付き、というのを想像すると「高い給料もらっているんだろうな」と思うでしょう。

実際はそんなことないです。

ゲーム開発のディレクターなんておそらくは500万円台ですよ。

何本も成功しているプロデューサーでやっと1000万円超えるか超えないか。

部長クラスで高くて1500万円くらいじゃないですかねえ。

充分高い、というかもしれませんがおそらく中小の役職者も同じくらいもらっているんですよ。

難易度は全然有名会社で役職付きになるほうが大変なので、高い給料が欲しいのであれば中小で成功するほうがコスパは高いです。

なんでそんなに給料が上がらないかといえば、皆辞めないからです。

辞めないから給料を上げない。

ある意味当たり前なんですよ。

そして有名会社の重役はある程度まで行くと、国外の担当を任されたりします。

それにモチベーションが持てるといいですが、大概ははずれポジションです。

やりたいことがやれない数年間を過ごすことになります。

それを我慢できる人だけが会社に残っていけるのです。

そんな背景があるので有名会社の重役たちは実際のところそんなに会社に残っていかないのです。

逆に言うとそれくらい厳しくしないとみんな辞めないですよね。

上の人が固まって動かないのなんて会社にとって全然いいことではありませんから。

有名会社に入って出世して大金を得る。

夢としてはいいですが、あまりコスパがいい人生ではないでしょうね。

こちらの記事が割と真実を書いていると思います。

日本のサラリーマンで億の貯金ができるくらい儲けたいのであれば、会社を興して上場益を得るのが一番です。

有名会社の社長になるのは本当に難しいです。

でも1発当てて会社を上場するのはうまく立ち回れば可能です。

なにも自分で会社を興す必要はありません。

会社を興して上場しそうな会社にある程度の地位で乗り込み、ストックオプションを得る。

それで運が良ければ億の金額は狙えます。

上場しなくても役員になることが出来れば、それなりにお金がたまります。

そう考えると日本のように中小企業がたくさんある社会というのは効率が悪いのでしょう。

大企業が搾取しているように思うかもしれませんが、監査が入っている大企業は実際そういうことはできません(内部留保はあるでしょうが)

実際に搾取しているのは監査がいない中小企業で、そんな中小を後生大事に守っているから一般のサラリーマンにお金が回ってこないというのが実際のところなのです。

-生活

Copyright© ゲームプロマネのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.