情報

若い人との感覚のずれに関して

投稿日:

ゲームを作る仕事をしていると若い人と感覚が合わない、というような話をよく聞きます。

私も40代後半に差し掛かっていますので、気になる情報ですね。

私はあんまりずれたと思ってないのですが、一応対策はしているのでそれについて書いてみます。

■私の対策

基本、ゲームがある程度完成したら若い子たちに感想を聞きます。
この時に久しぶりに話しかけているようでは、ちゃんとした感想は返ってきません。
普段から雑談を数多くして、気軽に話ができる状態にしておくのが重要です。

感想を聞いたからには返事をします。意見を取り入れることもします。
これを繰り返すことでよい意見がどんどんもらえるようになります。
このループができてれば、年を取ったからと言ってセンスが古くなった系の話にはならないと思います。

また誰かが本を紹介してくれたら読みます。
なんなら「最近よい本読んだ?」って聞きます。
読んだら率直に思ったことを、教えてくれた子に話します。
意見が違っていてもいいのです。若い人と自分との差異が物差しになります。
この物差しをいくつもっているかで、自分のセンスに自信が持てるか持てないかが変わってきます。

せっかく若い人が進めてくれたものを手に取らない人がいますけど、何なんでしょうね?
それで若い人の感性がなくなった、とか言い出すわけでしょ。
そういう人って言っているだけで、実際には問題だと感じていない人だと思っています。

まあおじさんに話しかけられる若い子は災難かもしれませんけどね。

それでもお仕事に必要なので、我慢してもらおうと思います。

+--------------------------------------------

↓ブログランキング参加しています!


ゲーム制作ランキング
にほんブログ村 IT技術ブログ ゲーム開発へ
にほんブログ村

-情報

Copyright© ゲームプロマネのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.