マンガ

マンガレビュー:2019年10月

更新日:

マンガソムリエのコーナー。

先月に続き2回目ですね。

大体週刊マガジンと、サンデーのコミックが出てそれを読んだあたりでやろうと思うので20日前後くらいになると思います。

■トニカクカワイイ (8)

いつもは読んだ順番に紹介しているのですが、今回一番紹介したいマンガなので一番上に持ってきています。
作品自体も好きなのですが、畑先生のファンですね!前作「ハヤテのごとく!! 」は連載期間中、ずっと一番好きな作品でした。

作品の作り方が自分と似ていると思うんですよね。
畑先生は構成力が高いんですよ。基本ギャグマンガなんですが、ちゃんと縦軸もしっかり持たせています。
時事ネタ、パロディ、豊富なキャラクターに適したギャグを入れつつ話をしっかりまとめる。
そのうえでしっかりと縦軸のストーリーも進展させていくから目が離せない。

「ハヤテのごとく!! 」連載時にずっとサンデーwebを更新してたんですよね。そんなことやってたの畑先生だけですよ。
単行本のおまけも充実だし、休載も計画的なものしか見たことがないです。
それで50巻オーバーの連載を続けていたんですから、漫画家としての能力が異常に高いのだと思います。
こういう人が連載陣にいると本当に助かるでしょうね。

トニカクカワイイは新婚さんのマンガですね。
それだけではなさそうですが、そのあたりはまだしっかり出てきていないので今後のお楽しみにしておきましょう。

畑先生は声優の浅野真澄さんと結婚されているのですが、どんな結婚生活なんだろうねと思っているところにこの漫画が出てきたので「求めているものがわかっているなあ」と思いましたね。
実際の結婚生活をそのまま出しているわけではないでしょうが、ひょっとしたらこんな事もあったのかな、って思うとより想像力を掻き立てられますね。
この辺りは細田守監督に通じるものがありますね。

浅野さんお仕事でお会いすることないかなー、なんて思ってたんですがよく考えたら自分のゲームの収録に参加いただいたことがありました。
こういうことがあるのでゲーム開発はいいですよね。

漫画の紹介というよりは畑先生の紹介になってしまいましたが、司ちゃんのかわいい姿が見えるトニカクカワイイ 8巻お勧めです!

■べしゃり暮らし (20)

べしゃり暮らし20巻。わたしはずっと19巻で終わりなんだと思っていました。
19巻出たのが2015年!今回TVドラマやってたので再開したみたいですね。
10号連続集中連載。

割と最近読みだしたのでスムーズに20巻に移ることができましたが。
よくわかっていないのですが後日談みたいな感じなんですかね。
もう少し読みたいな、と思っていたのでちょうどよかったのですが欲を言えばもっと漫才が見たかったですね。

さすが森田先生なので漫画としてすごいのですが、何より漫才の内容がすごい。
これ相当難しいですよ。先生自体が好きだったんでしょうし、ギャグの面白さには定評があったので楽しみだったのですが予想以上でした。
単純に作品の中に出てくる漫才の内容のファンでしたね。

■宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する (6)

六巻よみました!線g熱に引き続きご紹介。
やっぱり面白い。ヒロインのライバルが魅力的ですね。あんまり自覚は無いのですか、私はハーレム物が好きなのかも。
もう少し現代に帰るところに制限があると良いですよね。時間の進みが違うとか。ドラえもんとかそういったところの設定がすごくうまかったですよね。
やっぱり藤本先生は偉大だったなあと、この本を読んで思いました。

ゲームにするなら初期金額をもっと低くして、異世界の何かを現世界で換金できるようにして、残りのお金を気にしないといけないようにしますかねー。ダビスタみたいになりそうですが。
となると何か小さな目標的なものも欲しいですね。信長の野望的に異世界の領地を増やしていくのは相性が良さそう。
こうやっていろいろ考えちゃうのは名作の特徴ですよね。

■はしっこアンサンブル(3)

「げんしけん」の木尾先生の作品。
高校生の男声合唱のお話。
お話としては面白いので結構なのですが、ちょっと主人公が弱い気がしますね。
そういった作品は短命に終わっちゃうので注意ですよー!

嘘でもすごい人だっていうのがないと。
合唱だとただでさえそういうの難しいのに。
ハモりって実際やると面白いんですよね。でもマンガだとわかりにくいでしょうねー。

木尾先生としてはこの作品で描きたいことがあると思うので、ちゃんと続いてほしい。

■東京タラレバ娘 シーズン2(1)

あれ、東京タラレバ娘 リターンズが出たと思ったらシーズン2?
リターンズは番外編なんですか。

東京タラレバ娘は好きだったのですが、ちょっとパワーが落ちてますかね。
前作も途中でパワーダウンしたんですが、「ヒモザイル」中止の影響が大きかったんですかね。
それまでは飛ぶ鳥を落とす勢い、何をやってもうまくいく、と思っていたところであの事件があって何がOKで何がNGなのかわからなくなっちゃっている気がします。
東村先生はちょっとアウトの作品がおもしろいのですが、ちょっと置きに行っている感じがありますね。

もっとガンガン行ってほしいものです!
ちょっと意地悪ですが、こういった状態からどう持ち直していくかも含めて本作品楽しみにしております。

■さよなら私のクラマー(10)

今一番好きなジャンルがスポーツマンがで、特にサッカーマンガが好きです。
さよなら私のクラマーは女子サッカーなのですが戦術面がマニアックでいいですよー。

「四月は君の嘘」も大好きだったんですが同じ作者さんだったのでびっくりした記憶があります。
新川先生はセンスがいいんでしょうね。たまに依然に描いたものをコピーでもってきている絵があるのですが使いまわし感がない。

簡単な線でギャグっぽく描いているところも多くて、力の抜きどころがわかっている感じです。
それでいて高級感があるのは、いいシーンがしっかりかけているからでしょうね。

なんというか「スラムダンク」に影響を受けている気がするんですよね。
周防がすごい流川っぽい。
恩田希が主人公なんですが、女子サッカー選手なのにパワフルが売り!
でもすごく説得力があってわくわくさせられるんですよね。

10巻は興蓮館との序盤戦。
1、2巻が久乃木戦、3~5巻あたりが浦和邦成戦、6~8巻が栄泉船橋戦。ときて9巻あたりから興蓮館戦という流れ。
これだけの巻数でチームの立ち上げ、チームビルディング、強いチームのキャラクターをちゃんと紹介して、良い試合を見せてチームが強くなるところにも説得力を持たせる。
いやあ、普通出来ないですよね。
巻数が長くなってしまうと読者も年を取ってしまいます。それって損なんですよね。「スラムダンク」って5年くらいしかやってない。それくらいの長さで完結しているから、読者の体験と一致して名作になっているのだと思うのですよ。

このペースで進んでいってほしいと思います!

■ダイヤのA act2(19)

ダイヤのAは19巻といってもact1のほうが50巻行っていますから超長期連載です。
ようやく2年の夏ですか。「ドカベン」が2年生までで48巻、「大甲子園」で26巻なのでそろそろ追いつきますね。
高校野球縛りだと一番長い?

ライバル高校の話も多いので中だるみはしていないのですが、もう少し早く進めてほしくもあったりします。
これだけ長くなると時代が変わっちゃうんですよね。
10年前であれば150キロを超す投手は怪物でしたが、いまだともっと出す投手が出てきちゃっている。
それに合わせて調整しちゃうと前後関係がおかしくなるし。
練習のさせ方も変わってきちゃいますしねー。

特に最近マガジンは「ベイビーステップ」がいきなり終わってしまったり、「はじめの一歩」が変な展開になったりしているので心配です。

話の内容としては夏の甲子園予選の序盤戦。こういったところを丁寧に描きたいということはわかるのですが、ライバル校の話も出てくることを考えると夏の予選がいつ終わるんだろうという感じですね。
ネガティブなことを書いていしまいましたが、全部一から読み直しても面白いのでぜひ追いついてみてほしい作品です。

■MAJOR 2nd(17)

面白いですがまだ17巻ですか。満田先生のマンガは増刊サンデーで「健太やります」を書いているころから読んでいるのでもう30年近く読んでいるのか…。
これだけ続けて第一線でやれるのはすごいですね。
最近はかわいい女の子を書くことに力を入れている感じなんですかね?

MAJORのほうは怪物投手の話でしたが、2ndの普通の子が努力して成長していく話のほうが現代だとあっているのかもしれませんね。
気になって調べてみたらMAJORの17巻で中学生編になっているんですね。そう考えると同じような進捗具合なんですね。

この巻では1個試合が終わりましたが大きな話の展開はなし。早く光君が出てきてくれませんかねー。

とまあ今月はこんな感じです。
実際はもっと読んでいるのですが、まとめて紹介しようと思っているものもありますし。
ワンピースの94巻が出ているのですが、わたしはkindle派なのでまだ読んでいないです!
※ワンピースの単行本はkindleだと1か月遅れで出るのです。

あと今すごい勢いで「あさひなぐ」を読んでいます。こちら最新刊まで読んだらレビュー描きたいと思います

併せて次回の漫画ソムリエのコーナーで紹介ですね~。

-マンガ
-,

Copyright© ゲームプロマネのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.