生活

今の若者は働く喜びがあるのか?

投稿日:

先日田中圭一先生の下記のツイートを読みました。

私なんかは今の若者は5万円もらったら働かず、その5万で生活しようとしちゃうんじゃないかなあと思いますね。

40代以上の人というのは多少なりとも「がんばったら報われる」という認識があると思うんですよ。

でも今の若者の多くはその感覚がないんじゃないですかね。

年代でスパッと別れるというよりは、徐々に若い世代になるにしたがってその感覚を持つ人が多くなっていくイメージですけどね。

労働の喜びって、それそのものに楽しみがあるというよりも「成功するから楽しい」と紐づいていると思います。

それがなければ楽しくないですよね。

今はそれを実現するのは非常に難しい状況なので、「労働したくない」という感覚のほうが正しいように思います。

働いて見合うリターンがある人ってちゃんとした教育を受けている人に多いと思うんですよ。

それが与えられていない人はどうしたって働かないですよ。どうせ成功しないんですから。

そういう人はいても足を引っ張るだけだから一定のお金だけ与えて労働から締め出しましょう、というのがベーシックインカムなんだと思います。

より貧富の差が拡大しそうですね。

単純にGDP的なものを上げるだけならその選択でいいと思うのですが、実際にそうなったときに社会を平穏に維持できるんですかね?

個人的には多少貧乏な国になったとしても多くの人が働き甲斐のある国であることを維持したほうが、最終的にお得な気がします。

-生活

Copyright© ゲームプロマネのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.