情報

ゲーム開発者と家の購入

投稿日:

ゲーム開発者は結婚と家の購入は迷いどころですよね。

家の購入について参考までに私の経験談を記載しておきます。

■家の購入に関して

私もこちらの記事と同様に結婚と同時にマンションを購入しました。

10組に1組以上!意外に多い?結婚と同時にマンション購入するメリットと注意点

結婚も決まったし、いよいよ2人の新居を探そう。新しい生活を始めるなら、やっぱりキレイな住まいがいい!新婚生活に胸を躍らせ、住宅情報やインターネットで賃貸物件を探される方がほとんどでしょう。 しかし、「思い描いたようないい物件が見つからない」見つかったとしても家賃が高く、「こんなに高い家賃を払うぐらいなら、マイホームが買えるかも」と感じてしまう方も多いのではないでしょうか。 ...

結論として、家の購入はやめておいた方がいいと考えています。

現に私は売ってしまいました。

家の購入をやめておいた方がいい理由

  • ①環境が変わる可能性が高い
  • ②ほしいと思う物件にリスクがある可能性が高い
  • ③持ち家は維持費にお金がかかる

それぞれ説明していきます。

■環境が変わる可能性が高い

たびたび言及していますが、ゲーム開発を仕事にする場合日本で仕事を続けられる可能性が低いと思っています。

正確には日本の企業で、ですかね。

アメリカや中国の企業であっても、20年、30年というスパンで見ると同様のリスクがあります。

その都度景気がいい国が変わると思いますし、景気のいい国の会社に資本は集まります。

ちょっと前には中東やインドの会社から誘われたという話をよく聞きました。

良い給料、良い開発環境で制作したいのであれば日本企業は今後良い材料はありません。

少子化は国内需要が減りますので、海外向けのゲームの作成が主流になっていきます。

それをどうにかする、というのにはもはやタイムマシンがないと解決できないです。

ゲーム開発者に限らず、どの職業でも同じ仕事を同じ会社で続けられるのは極めてレアケースになると思われます。

そういった状況で家を購入するのはいかがなものかと思います。

家の場所に制約があると、選択できる会社の幅は極端に減りますよ。

また自分が望まなくても在宅のリモートワークを求められる可能性があります。

その時に都心に住んでいるのは無駄が多くなりませんか?

■ほしいと思う物件にリスクがある可能性が高い

私が購入したマンションは郊外(都心まで電車で1時間くらい)の物件でした。

新築で、同じような人たち(30代くらいの若夫婦)がほとんどでした。

非常に住みやすかったのですが、リスクが高いなと思ったんですよ。

みんな同じ時期に歳を取ります。30年後に改築を予定していたのですがその頃みんな60代後半になるわけです。

本当に改築のお金出ると思いますか?

私は出ないと思います。

仮に20%がいなくなったとすると費用増は25%になります。

そういったリスクもあるわけです。

■持ち家は維持費にお金がかかる

持ち家は維持費にお金がかかります。

家の維持費だけでなく家が建てられるようなところだと自家用車が必要になりますし、そうなると保険や税金、車の維持費で年間20万くらいはかかります。

80歳以上になれば車の運転ができなくなるかもしれません。

そうなると公共交通機関の利用が必要になりますが、あなたが家を購入したところはあなたが80歳になった時に公共交通機関が通っていますか?

私は今田舎に住んでいますが、すでに公共交通機関が死滅しています。

あと両親の介護が必要になった時はどうしますか?改築が必要です。

絶対見捨てると言い切れますか?

■ローンの問題

実際問題、欲しい物件は購入が難しい物件になりがちなんですよ。

私は35歳の時に35年ローンを組みました。

本当に70歳で今の支払いができるのか?というのは35歳の時には自信があったのですが40歳になると途端にその自信が揺らいできました。

35年ローンを組める条件というのは個人的に25歳までだと思います。

元気に給料を維持できる、最悪職を変えても維持できるのは60歳までです。

25歳の給料で35年ローンで購入できる物件も、35年ローンで25年で購入できる物件も、おそらくあなたが望む物件ではありません。

望む物件を購入するために無理をして働いたり、共働きで望んだ時期に子どもが作れないとしたら本末転倒ではないでしょうか?

■結局多様化というのは

現代日本は多様化が進みました。

多様化が進むということは、それぞれがしがらみがなく過ごせる反面、個人の費用負担が上がる社会です。

皆が同じように暮らしていたころとは違うわけですから。

これからの日本は自由に暮らせる代わりに、自己責任が大きくなります。

悪いことばかりでもないと思います。

今地方に住んでいますが、空き家がどんどん出てきています。

これからはそういった空家を効果的に利用することもやりやすくなるでしょう。

その時にローンが残っていたら身動きが取れなくないでしょうか?

スタートアップで成功して上場益を得て、そういう人がキャッシュで家を購入するのはいいと思います。

家が欲しいのであれば新卒の時点で、そちらに舵を切った方が現実的だと思いますね。

あとDINKsであれば問題ないかもですね。

https://ja.wikipedia.org/wiki/DINKs

家の購入に関してかなりネガティブな意見を出してしまいましたが、あくまで一考察として参考にしてみてください。

ゲーム開発は娯楽産業で、生活必需品ではありません。

娯楽産業は景気がいい国であれば必ず需要があるので、何気に仕事に困ることはないと思います。

その分生活環境を制限される可能性が高いということは、考慮に入れておいて損はないと思います。

+--------------------------------------------

↓ブログランキング参加しています!


ゲーム制作ランキング
にほんブログ村 IT技術ブログ ゲーム開発へ
にほんブログ村

-情報

Copyright© ゲームプロマネのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.