映画

映画:「JOKER」の感想

更新日:

話題になってたのでジョーカーを見に行ってきました。

 具体的な話にはあんまりなりませんがネタバレもするので、 ネタバレが嫌いな人は回れ右でお願い致します。

映画『ジョーカー』オフィシャルサイト

映画『ジョーカー』公式サイト 大ヒット上映中! ホアキン・フェニックスと、ロバート・デ・ニーロがタッグを組み、孤独な男が巨大な悪へと変貌していく、壮絶なドラマを描く。全世界待望の本格エンターテイメント!

 結論から言うと私は あまり面白いとは感じませんでした。

 割と問題作だという話を聞いていたので見に行ったのですが、 問題作だとは思いませんでしたね。

 そこまで心の琴線に触れてこないというのが正直なところです。

 じゃあどこが悪いのかと言うと、 一番はシナリオですかね。 破綻しているわけではないですが、 虐げられている 人の辛さが 伝わるような内容ではありませんでした。

 こういうシナリオは ものすごく共感できるか、 自分には理解できないほどはちゃめちゃなキャラクター であるほうが面白いと思うのですが、 そのどちらでもない感じでした。

 シナリオはまだプロット段階なのにそのままつかったか、それとも3時間くらい予定していた映画を2時間くらいにしてしまったのか、 そんな印象を受けました。

 ジョーカーがカッコ悪いとは言いませんが、 この映画内容が彼を産んだとすると 小物感が強すぎると思います。

 最近の映画は主人公がうまく行ったり失敗したりを繰り返していくことでリズムをつくっていく感じが強いと思います。 そういったテンプレートからは外れていたのでそこの部分は挑戦的だったのかもしれません。

 ただそれにしては映像表現がひどく普通で、 もっと視聴者を不安にさせたりイライラさせたりというような工夫はできたのではないのかなあと思います。

 まぁ感想としては、 しばらくすると観たことも忘れてしまうような内容だったなーというところです。 まあそうならないように書き残しておこうかなと思います。

-映画
-

Copyright© ゲームプロマネのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.