制作

就業時間外の取り組みについて

投稿日:

ちょっと前にゲーム以外の仕事をしていたことがありました。

その時の上司は少し問題があって、時間外業務をわりとゴリ押ししてきてたんですよ。

普通に仕事が終わって帰宅した後21時になったらZOOMで集合、みたいな感じ。

それが週1で行われて、1時間はミーティング。

1カ月単位でそこで計画したものの成果を出さなくてはいけないので、下手すると土日も業務外の勉強だったり作業が発生していました。

嫌でしたねー。

皆さんもこんなの嫌でしょう。

その上司は、これをやらないと成長できない、今の状況から抜け出せない、と強く主張していました。

今いる会社はそんなことありません。

でも改めて思います。

その上司の言う通りですね。

それくらいやらないと能力は上がらないし、会社の状況を変えられたりはしません。

自発的にやってくれるのがいいと思いますが、まあみんなやりませんよね。

そして会社が悪い状況だと人員が流出するし、良い状況でもいずれ悪くなっていきます。

グーグルの20%ルールはそのあたりの解消が目的なのではないでしょうか。

でも全部の会社がそれができるかというと難しいでしょう。

グーグルくらい収益の良いビジネスをやっていて、優秀な人たちがいれば成り立つでしょうが。

本来であれば「仕事が楽しいから自発的に頑張る」という状況になっているのがいいのでしょうが。

それも今ではやりがい搾取とか言われてしまいますしね。

私は上司が無理強いしなくなった代わりに、自分で勉強するようになりました。

そう考えると当時の上司には感謝しないといけないかもですねえ。

-制作

Copyright© ゲームプロマネのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.